団塊の世代・アイデンティティーの再構築

団塊の世代・アイデンティティーの再構築

 

男性編

団塊の世代が退職を迎え、新たな人生を生き始めています。団塊の世代の方々は、日本が高度経済成長を遂げ、学歴社会、年功序列社会がまだ健在な時代に社会人となり、未曾有のバブル景気を体験しています。その当時は、「このような夢のような時代がいつまでも続き、日本は万々歳」という思い込みで、社会全体が浮かれていました。その後バブルがはじけ、学歴社会、年功序列が崩壊し、長期的な景気低迷と政情不安、雇用不安の中、相次ぐ自然災害の惨状を体験。そして、退職を迎えています。

 

こうした団塊の世代の方々にとっては、退職後の人生をいかに有意義に過ごすか、それが大きなテーマとなっています。

やりたいことや夢があり、生き生きと過ごすこともできますが、いっぽうで、「やるきがでない」「毎日が憂うつ」「夫婦の溝がもはや看過できないレベルに達している」といった悩みも聞かれます。

仕事を離れた今こそ、夢実現のチャンスです。それを成功裏に成し遂げるには、アイデンティティーの再構築が必要です。そのなかには、世界観、価値観を変えることや、自分の心に耳を傾けるスキルを学ぶことが必要になってきます。それが、苦痛に感じられるか、まさに魂の解放と感じられるか、今後の幸不幸を分ける鍵になります。

社会で有用な人材として活躍してきた方たちは、仕事上のスキルは十分磨いてこられましたが、プライベートライフをいかに充実させるか、夫婦や家族のコミュニケーションをいかにとっていくか、といった具体的なスキルを磨くチャンスは、ほとんどなかったのではないでしょうか?

プライベートを犠牲にして収入を得て、妻にも十分な生活をさせてきたと思っていたのに、妻から、「私が辛い時に話を聞いてくれなかった」「私のことを大切にしてくれなかった」「私を助けてくれなかった」「私を女性として扱ってくれなかった」などと、思いもよらない涙ながらの抗議を耳にし、「自分の人生はいったいなんだったのだろう」とぼうぜんとした、という声を聞きます。

これからのライフステージでは、いままで開発してこなかったスキルを学ぶ必要があります。プライベートライフでは、仕事で培ってきたヒューマンスキルは通用しません。人間として、最後に残された未開発分野を制覇しましょう!!

楽しく、笑いながら、「妻の心、子供の心」について学んでみませんか?「餅は餅屋」というように、ほんのちょっとした情報で人生が激変します。人生を危機にさらすことなく、プロのサポートを利用して下さい。

 

団塊の世代・アイディンティティの再構築 女性編

 

女性編

夫の定年退職とともに、妻も自由になりましょう。夫が会社というくびきから解放されたのですから、奥様も主婦業は定年退職しましょう。もちろん、家事が大好きで、夫との関係もよく、むしろ夫の定年退職によっていつも一緒にいられる、三食作ることがうれしい、という方もいらっしゃると思いますので、そういう方は是非二人の時間をエンジョイして下さい。

しかし、しばしば聞かれるのは、「夫が家にいるようになったら気づまりで、三食の世話までさせられるのはたまらない」という声です。夫は、「私が辛い時に話を聞いてくれなかった」「私のことを大切にしてくれなかった」「私を助けてくれなかった」「私を女性として扱ってくれなかった」。だから、こんな人と一緒にいるのはたまらない、という声です。

ご夫婦で、「セルフ・デベロップメントコース」を受講されるという理想的なカップルもいます。夫が妻を理解し、妻も夫を理解する。感動の瞬間です。こんなふうにできればよいのですが、もし、あなただけが学びをスタートしたとしても、十分意味があります。

まず、夫に対して、そして子供や親族に対して健全な自己主張ができることが大切です。そして、女性の人生は特に長いですから、これからの人生をいかに有意義に過ごすか、戦略を練りましょう。

 

女性は特に、「もうこれで私の人生はおしまい」と言います。妊娠、出産という側面だけを見れば、確かに終わりです。しかし、実際はこれからが女性の黄金期なのです。だいたい25歳くらいまでは、人間は未熟です。25歳から55歳までの30年が、子育てや家事に追われる日々だとすると、55歳から85歳までのあらたな30年が、女性の黄金期なのです。十分に体力もあり、気力もある年代ですから、ここで自己実現を図りましょう。また、もし夫から女性として大切にしてもらっていなかったという思い残しがあるなら、恋愛もあり得ます。

自分磨きをスタートしましょう。仲間で愚痴を言いあっても、貴重な時間が手からこぼれおちていきます。なにはともあれ、「ストレス・ケア相談」からスタートして下さい。全く手がつけられないようにもつれた糸であっても、プロの手を借りることで、するするとほどけることもあります。放置していたら、何も変わりません。行動を起こしましょう!