子育ての悩みをお持ちのお母さまへ

 

お子さんと一緒の時間を楽しめていますか?

自分の時間もありますか?

パートナーとは子育ての価値観は一致していますか?

仲間がいますか?

 

それとも、イライラし、そんな自分に嫌気がさし、自分の時間がなく、夫や妻とは意見が食い違うことが多く、話をする友達もいなくて、孤立した感じがしますか?あるいは、子育て期間中にキャリアで遅れを取るような感覚があり、焦燥感がありますか?このままだと、子供を虐待してしまうかもしれない、などと不安になりますか?あるいは、自分は本当にダメな母親だ、と自責の念にかられたりしますか?

子供が次第に大きくなってきている方は、子供が言うことを聞いてくれない、憎まれ口をきかれる、子供と性格が合わない、時には憎らしくなる、など、子供との関係がこじれ始めていませんか?

子育ては、本来は豊かで幸せな体験です。それが、うまくいっていないと、大きなストレスにもなります。また、問題は自分だけにとどまらず、親からの愛情をストレートに感じられないで育った子供は、一生の間、ずっと生きにくさを抱えていくことにもなりかねません。

昔は、母親が調子を崩したり、子供とこじれそうになっても、おじいちゃんやおばあちゃん、近所のおばさんや、先生などが、うまくバランスを取ってくれて、チームプレーで子育てが行なわれていました。しかし、いまはそういった目に見えない愛情の糸が寸断されています。一番苦しいのはお母さん、そして子供がその苦しさを引き継いでいく、という悪循環が生まれる可能性もあります。

親が自分の性格傾向と、子供の性格傾向を理解していないがために、不毛な傷つけ合いが生じている場合もあります。これらの問題には、解決方法があります。「自分が分かる・相手がわかる・驚愕のエニアグラム」を学ぶことも、大きな助けになります。

 

「もし、花丘先生のところで学んでいなかったら、私は子供をつぶすところでした。」

 

こんなふうにつぶやいて、ほーっ、と大きなため息をつかれたお母様もいらっしゃいます。「子は宝」と言います。せっかく神様が授けてくれた宝物、その真の輝きを磨きだしてあげることができなかったら、そして、自分も傷ついていくとしたら、本当にもったいない人生です。子供の真価を磨きだすことは、親の大切な務めであり、喜びです。それには、ノウハウがあります。

風邪をこじらせて、やがて大病に至るように、親子の関係も、小さな食い違いから、心にトラウマを残す問題へと発展してしまう可能性があります。こじれるまえに、「メンタル・フィットネス」のステップを踏んでください。まず、「ストレス・ケア相談」と「トラウマ解放カウンセリング」を受けた後、たくさんのお母様たちが、楽しく笑いながら学びの輪に入ってくれています。そこで、価値観の一致する良いお友達ができる方もたくさんいます。すべての段階を修了すると、「国際メンタル・フィットネス研究所公認 メンタル・フィットネスカウンセラー」の資格を取得することもできます。

悩みは、幸せへと開かれた門です。気軽に解決へとステップを踏んでいきましょう。